阪神まち大学

実践講座 / 企業や行政、地域、商店街との協働プロジェクトを通して、社会で必要な知識やスキル・仕事のノウハウを学ぶ!

企業、行政、商店街、地域と協働した協働プロジェクト

コース選択制

●対象・受講料
主に阪神地域の大学生・短期大学生 ※詳細は各コース参照
3,000円/年 ※基礎講座実践講座の料金。両方受講必須。

●学ぶこと
・企業や行政、地域、商店街との協働プロジェクトを行う中で、社会人から仕事のノウハウや知識、スキルを身に付ける。
・異なる大学・専攻の学生と企画から実施までをチームとして活動する中で、社会人として必要なチカラを身に付ける。
[チームビルディング/ファシリテーション力/コミュニケーション力/企画実行力/プレゼンテーション力]

●概要
異なる大学・専攻の学生が4つのコースに分かれ、協働先から出される課題について、アドバイスを受けながら考えた企画を実社会で実践する。今年度はオンラインでの活動を基本とする。

●活動期間・頻度
10月末~3月。月3~4回程度(受講生が決まり次第全員で日程調整してミーティングスケジュールを組む) ※大学の授業は最優先で活動を進めます
内容についての質問や相談は随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

講座内容

【コース01】 商店街プロジェクトコース(協働:西宮中央商店街振興組合)
WEBやSNSといったツールを活用した商店街プロジェクト
~WEBやSNSといったツールを活用した商店街を知ってもらう企画を実践!~

コロナ禍における地域商店街の新たな取り組みとして、学生ならではの視点でWEBやSNSといったツールを活用した商店街を知ってもらうイベント・PRを企画し、実際に実践します。
※えべっさんの総本山・西宮神社の参道にある商店街です。

主な内容
・WEBやSNSといったツールを活用し商店街を知ってもらうイベント・PR企画を実践する。
・一過性でなくその後も商店街の個店が活用できるきっかけとする。

学び
・商店街の現状や活性化に向けた新たな取り組みを知る。
・商店街活性化に向けた企画から実践までのプロセスを経験できる。

定員:5名程度

【コース02】 日本酒プロモーションコース(協働:辰馬本家酒造株式会社「白鹿」)
日本酒・白鹿ユーザーをつくるプロモーション企画
~白鹿の施設を活用した日本酒・白鹿ユーザー獲得企画を実践!~

若い日本酒(白鹿)ユーザーの獲得をめざし、白鹿の施設をフィールドにして、YouTubeやSNSといった若者に訴求するツールを活用した企画を実践します。
※創業350年を超える日本酒の老舗蔵元との協働プロジェクトです。

主な内容
・YouTubeやSNSといった若者に訴求するツールを活用した日本酒・白鹿プロモーションイベント・PR企画を実践する。 ・その後白鹿の施設に足を向けるきっかけとなる企画とする。

学び
・日本遺産に指定された日本酒の魅力や新たな取り組みを知る。
・日本酒ユーザーをつくるプロモーション企画の実践までのプロセスを経験できる。

定員:5名 ※原則、20歳以上。

【コース03】 まちづくりプロジェクトコース(協働:大庄地区子ども会連絡協議会)
コロナ禍における子どもが楽しめるイベント企画
~コロナ禍でも子どもが地域との関わりを持てるイベントを実践!~

コロナ禍で地域の子ども会活動が制限されている中、子どもたちの交流や地域とのかかわりを持てるイベント(クリスマス会)を学生ならではの視点で企画し実践します。
※コミュニティが根付く地域との協働プロジェクト

主な内容
・コロナ対策を施した子どもが楽しめるクリスマス会(12/6(日))を実践する。
・子ども会の様子を知るために地域イベントに関わる(森の文化祭11/8(日))。

学び
・子ども向けのプログラムを企画から実践までのプロセスを経験できる。
・地域コミュニティやまちづくりの現場を体験する。

※西宮東高校へのアウトリーチ授業を主体となって企画(高校生に向けたプレゼン2月頃)

定員:5名程度

【コース04】 イベントプロデュースコース(協働:兵庫県阪神南県民センター)
「阪神つながり交流祭」のプロデュース
~兵庫県主催の大学生×地域連携を促進するイベントを実施!~

大学が多く立地する阪神南地域の特徴である“大学生×地域連携”を、さらに推進するためのイベントをオンラインにより企画し実践します。
※大学生×地域連携の魅力を発信するプロジェクト

主な内容
・行政事業の進め方やイベント運営の方法を知る。
・兵庫県が主催する「阪神つながり交流祭」を企画・実施する。
※大学が多く立地する阪神南地域における兵庫県との協働プロジェクト
※ゲスト:studio-L 代表 山崎亮氏

学び
・行政による事業の進め方を知ることができる。
・兵庫県のイベントにおいて企画から実践までの一連のプロセスを体験する。

※西宮東高校へのアウトリーチ授業を主体となって企画(高校生に向けたプレゼン2月頃)

定員:5名程度

【オプションメニュー】西宮東高校アウトリーチ(協働:西宮東高校)
高校生に向けたプレゼン

西宮東高校の授業の1コマを大学生が企画!高校生に向けて大学生からのメッセージをプレゼンします。

主な内容
・西宮東高校の授業の1コマを大学生が企画!
・高校生に向けて大学生からのメッセージをプレゼンします。
※2月頃を予定しています。

※まちづくりプロジェクトコース、イベントプロデュースコースのメンバーが中心となって企画します。

受講生の声

●商店街プロジェクトコース 【大学4年 男性】
・リーダーシップ力を身に付けたいと思ってリーダーに挑戦した。初めは戸惑うことも多かったが、皆のフォローもあって最後までやり遂げることができた。
・仲間の支えがあればこそだが、自分でもリーダーシップを発揮できることに気づけた。
●日本酒プロモーションコース 【大学2年 男性】
・仲間と一緒に考えるなかで、「ターゲットに訴求する企画の考え方と実際に企画を実施する上で大切なコト」が学べた。
・蔵人が米や水、酵母、麹等を管理し、たった1g、0.1℃まで酒造りに一切妥協しない姿を見て感銘を受けた。
・携わる人の思いを知った上で企画を提案することの大切さを知った。
●まちづくりプロジェクトコース 【大学3年 女性】
・まちに外から関わることはよくあるが、地域(自治会)に入って中から課題を解決していくという、今までにない体験ができた。
・まちをよくしたいという自治会の人の思いをたくさん聞くことができて、地域のコミュニティの大切さを実感した。
●イベントプロデュースコース 【大学1年 女性】
・計画はあったものの、150人規模のイベントを限られた時間の中で企画して準備することは、想像以上に難しかった。
・計画に余裕を持たせ、実行する時は常にスケジュールに気を配ることが大切だということを実感した。