阪神まち大学

阪神まち大学とは

大学では学ばない、社会で必要なチカラを“まち”に関わる中で学ぶ、いわゆる『まちの大学』です。
大学生を対象とした「実践講座(プロジェクト型講座)」と、大学生や社会人を対象とした「基礎講座(レクチャー型講座)」で構成しています。2つの講座を通して、地域・社会の情勢や問題に敏感で、自ら課題解決に向けて取り組むことができる知識とスキル“社会で必要なチカラ”を身に付けた人財の育成をめざしています。

大学生 >> 
専門家や現場従事者からの講義やワーク(基礎講座)、実社会で行う企業・行政・商店街・地域で必要な基礎知識やスキルを学び、「実践講座」でその知識とスキルを使って活動することで、社会で使えるチカラを身に付ける。
社会人>>
地域・社会で起こっていることの実情を知り、課題解決に必要な知識と社会で必要なビジネススキルを身に付ける。

阪神まち大学2018の構成

基礎講座(5回) 専門家や現場従事者から、社会や実践講座で必要な知識やスキルを、社会人と大学生一緒に学ぶ

<スキル編>
第1回 記者からみた『伝わる文章』とは~文章の書き方・まとめ方のコツ~
第2回 ファシリテーショングラフィック~実りある会議にするための「見える化」する技術を学ぶ~ <知識編>
第3回 まちづくりと地域自治~地域の中の自分の立ち位置、一緒に考えましょう~
第4回 商店街の変遷とこれから~商店街に求められる機能と元気な商店街って?~
第5回 地場産業・地域産業と流通~流通から見た新たな市場創造のポイント~

(過去の講座の様子)
過去の基礎講座の様子(阪神まち大学2014・報告書)(PDF)
過去の基礎講座の様子(阪神まち大学2015・報告書)(PDF)
過去の基礎講座の様子(阪神まち大学2016・報告書)(PDF)
過去の基礎講座の様子(阪神まち大学2017・報告書)(PDF)

阪神まち大学のfacebookページでも過去の講座の様子を紹介しています。

実践講座(4コース) 企業や行政、地域、商店街との協働プロジェクトを通じて、社会で必要な知識やスキル・仕事のノウハウを学ぶ!

<4つのコース>
【コース01】商店街プロジェクトコース~サポーターを創出する商店街プロジェクト~ (協働:尼崎中央三丁目商店街振興組合)
【コース02】日本酒プロモーションコース~新たなユーザーをつくる日本酒プロモーション~(協働:辰馬本家酒造株式会社)
【コース03】まちづくりプロジェクトコース~新たな担い手をつくるまちづくりプロジェクト~(協働:津門川町福祉会)
【コース04】イベントプロデュースコース~「阪神つながり交流祭」のプロデュース~ (協働:兵庫県阪神南県民センター)

(過去の講座の様子)
過去の実践講座の様子(阪神まち大学2014・報告書)(PDF)
過去の実践講座の様子(阪神まち大学2015・報告書)(PDF)
過去の実践講座の様子(阪神まち大学2016・報告書)(PDF)
過去の実践講座の様子(阪神まち大学2017・報告書)(PDF)

阪神まち大学2016 商店街プロジェクトコースの様子(facebook)
阪神まち大学2016 西宮観光プロモーションコースの様子(facebook)
阪神まち大学2016 ソーシャルビジネス育成コースの様子(facebook)
阪神まち大学2016 イベントプロデュースコースの様子(facebook)