阪神まち大学

基礎講座 / 専門家や現場従事者から、実践講座や社会で必要な知識やスキルを学ぶ

専門家や現場従事者と参加者を交えたトークセッションやワーク

全3回

●対象
実践講座受講生(大学生) 3,000円/年基礎講座実践講座の料金)

●学ぶこと
実践講座の活動や社会に出てから必要な知識やスキルを各分野の専門家や現場従事者から学ぶ。

●概 要
阪神まち大学に参加する大学生が、実践講座の活動に必要な知識やスキルを専門家や現場従事者から教わり、その後の活動に生かす。

基礎講座 一覧 全3回

11/3(火・祝)19:00~20:30 場所:西宮市市民交流センター B会議室(兵庫県西宮市高松町20-20)
【知識編】

 第1回 社会活動の意義~地域・社会活動を通じて学ぶコト~

阪神まち大学を始めるにあたり、大学生が地域や社会で活動をする意義について考えます。講師に、神戸大学大学院人間発達環境学研究科の清野准教授をお招きし、講師のこれまでの経験や日頃大学生と関わる中で感じる、地域や社会と関わる中での学びについて、お話しいただきます。阪神まち大学の活動だけでなく、これからの大学生活においても大切なポイントをお話しいただきます。

11/21(土)18:30~20:30 場所:オンライン開催
【スキル編】

 オンラインファシリテーション~オンラインミーティングの進行のコツ~

新型コロナウイルスの影響を受け、大学の授業や社会のミーティングなどはオンラインツールを使って行われるようになっている。阪神まち大学でも、学生ミーティングなどはオンラインを基本として行うことを想定している。そこで、オンラインツールの特徴やオンラインミーティングにおける会議進行のコツなどを、演習を交えて学びます。

11月28日(土)19:00~20:30 場所:オンライン開催
【スキル編】

 第3回 プロモーション・人に伝わるスキル~伝える・伝わるを意識したプロモーションのコツ~

近年、SNSやYouTubeなどを使った情報発信が注目を集めています。手軽に誰でも始められるというメリットがあることもあり、新型コロナウイルスの影響下でさらにその動きは加速しています。阪神まち大学でもこうしたツールを使ったプロモーションを企画することを想定していることから、“伝えること”と“伝わること”を意識し、対象とする人に訴求するプロモーションのコツについて、広告代理店で実際に行われている実例を交えて学びます。